あなたは大丈夫? 質問の巧拙が分ける人生

2021 8/07
あなたは大丈夫? 質問の巧拙が分ける人生

みなさん、こんにちは!

現役進学予備校ドリーム・チームの鈴木です。

最近は夏期講習会をずっと行っているのですが、その中でとても感じることがあります。

それは、

質問の上手な人と下手な人が居るなぁ

ということ。

全てのことが自分の力のみで分かるのならば、塾は不要です。

そんな中で塾に来ているというわけですから、分からない部分はあるわけですよ。

ドリ太郎
ドリ太郎

でも、質問の仕方がよくわからないんですよ😅

という意見はよく聞きます。

でも、大抵この場合は

十分に自分自身で考え込んでいない

というのが実際のところでは無いでしょうか。

これはさすがにあり得ないにしても、勿体ないなぁと感じる勉強のやり方をやっている人は結構居ます。

だからこそ、質問が出来るようにしておくということは必須です。

本日はこれについて解説を行っていきたいと思います。

目次

質問の仕方が大切な理由

勉強において、質問とは分からない部分に関する質問を行うのが一般的です。

解き方が分からない
言葉の意味が分からない
公式を知らない
etc….

いろいろなパターンがあるわけです。

その中で1つだけどうしても心がけて欲しいことがあるんです。

それは、

自分なりにがんばってきたんだなぁって分かるような質問をすること!

というものです。

別に簡単な質問をしなさいと言っているわけではありません。

難しい内容の質問でも全く問題ないのです。

しかし、ぼんやりとした質問だと、面倒だから質問しているように感じてしまいます。

質問が来たら、先生ならばキチンと答えてくれるでしょう。

しかし、先生も人間です。やっぱり相手の熱量に対して対応の仕方が変わります。

例えば、

①どうしたら成績が上がりますか?
②自分なりにこの問題集を取り組んできましたが、成果が出ません。どうすれば成果が出ますか?

①と②の質問を受けたとすれば、②の方がしっかり教えてあげようってなるものです。

①のような質問を繰り返していると、大丈夫かなぁ。。。って思ってしまいます。

(全く質問もしてこないよりは、まだ安心ですが)

自分自身の努力が足りていないなぁと思いますよね。

要するに、質問の仕方で現状が分かるということです。そうして、先生の対応の熱量も変わるということ。

とても大切なことなので忘れないようにして下さい。

ちなみに、質問力というのはやる気とは別に重要ですよ。

特に社会人になると、質問力は間違いなく評価の1項目になります。

社会人の質問力については、それだけで書籍になっていたりするほど重要です。

またの機会に、話をさせて頂きますね😊

ダメな質問の例と改善策

それでは、ダメな質問例を挙げていきます。皆さんはこんな質問をしていませんか?

ダメな例を挙げて、修正案を提示しますので、万一自分自身がそういった質問をしていた際には、是非参考にして下さい。

①何が分からないのかを理解せずに質問している

ドリ美
ドリ美

せんせい! この問題がわかりません。

ほおほお、この問題のどこがわからないんですか?

鈴木先生
鈴木先生
ドリ美
ドリ美

全部です!!!

。。。。😓😓😓😓

鈴木先生
鈴木先生

という感じで、まぁよくあるパターンの会話です。

このタイプの質問をしてくる人はまず成績が伸びません。全部以外の質問を用意してくるようにしましょう。

この言葉の意味が分かりません。
ここからどうやってこの式を導き出しているか分かりません。
この式って公式ですか。
この部分の解説に書いてある内容がイマイチ理解出来ません。

上記のような質問ならば問題ありません。このような質問を心がけていきましょう。

②質問することを忘れてしまう

質問をたくさんしてくる生徒によくあるパターンとして

質問するために付箋は付けてきたけど、何を質問したいか忘れてしまった。

というのがあります。これ、本当にもったいないんですよね。

この事態が起きる理由は、大抵2つです。

A.質問をするまでに時間が経過しすぎた。
B.質問の内容自体がメモされていなかった。

Aは、致し方ない部分もあるため、一概にダメとは言えませんが、

やっぱり、質問はなるべく早くに行った方がいいです。

授業まで待っていると、忘れそうならば、授業外で軽く質問するようにしましょう。

Bは絶対に改善して下さい。

付箋にメモを取るというのでも大丈夫ですし、テキストなどに直接メモをするのも良いでしょう。

それだけで質問の質は大きく変わります!

すぐに実戦するようにしていきましょう。

③質問自体を面倒くさがる

これは絶対にダメなヤツです。

でも、成績が良い人でも起こりうる問題です。

質問をする「面倒くささ」を理解出来ているのは、決して悪いことではありません。

それくらい質問というのは、手間暇がかかるものだということです。

でも、質問が出来ない人は、絶対に伸び悩みます。

多くの生徒に突っ込みを入れていくと、大体質問が出てくるというのが常です。

そう断言出来ます。

それくらい、分かっていないことを放置しているんです。

だから、その悪いクセをこのタイミングで改善していって下さい。

質問はやり始めていくと、ドンドン上達します。これがとても大切です。

そうして、知識をあやふやなものから強固なものへとパワーアップしていって下さい。

最初の一歩が勝負の分かれ目ですよ。

すぐ行動していきましょう!

まとめ

本日は質問についての解説を行ってきました。

質問が上手な人って、絶対に成績が伸びるんです。これは断言出来ます。

逆に質問が苦手な人は、弱点を残してしまいます。

記憶があやふやだから、定着率が悪いんです。すぐ忘れるってことですよ。

こんな風にならないためにも、ドンドン質問をしていきましょう。

質問って大変ですけど、質問をされた側って、実は嬉しいものなんです😊

だから遠慮なんて無用! じゃんじゃん質問していきましょう😀

それではまたっ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高校生専門の個別指導塾です。
現役合格にトコトンこだわります。
京大・阪大・神大等の難関大指導に対応!
一人ひとりに適したカリキュラム・勉強法を
ご提案します。

現役進学予備校ドリーム・チーム
吹田本部校(山田高校のすぐ側です)
〒565-0821 大阪府吹田市山田東2-30-12
ロイヤルハイツトクモト1F
TEL:06-6876-2511
mail:yh-info@dr-t-eam.jp

現役進学予備校ドリーム・チーム
寝屋川本部校(寝屋川市駅すぐ!)
〒572-0838 大阪府寝屋川市八坂町14-17
信越ビル2F
TEL:072-812-1077
mail:ngh-info@dr-t-eam.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる